2016年11月12日土曜日

第52回関西大会

開催日時: 2016年11月12日(土)
会  場: 甲南大学 第8号館

大会進行甲南大学
大会本部甲南大学文学部英語英米研究室

11:00-11:55   幹事会  《第10号館 4階 8会議室》

11:30 【受  付】 《第8号館 2階 821号教室前》

12:00 【開  会】 《第8号館 2階 821号教室》
司  会:西 欣也(甲南大学)  
開会の辞:関西支部長 西 成彦
挨  拶:出口 晶子(甲南大学文学部長)

12:15-14:10  【研究発表】

【A室】《第8号館 2階 821号教室》
A-1 (12:15-12:50)  司会:北村 卓 (大阪大学)
芥川龍之介「黒衣聖母」に見られるボードレール受容
小谷 瑛輔 (富山大学)

A-2 (12:55-13:30)  司会:北村 卓 (大阪大学)
シモーヌ・シュヴァルツ=バルトの『テリュメ・ミラクルに雨と風』におけるシスターフッド
大野 藍梨 (立命館大学・院生)

【B室】《第8号館 2階 822号教室》
B-1 (12:15-12:50)  司会:中川 成美 (立命館大学)
自己実現と共有の同人雑誌
――『月映』にみる同人雑誌の可能性
橋本 真佐子 (立命館大学・院生)

B-2 (12:55-13:30)  司会:稲賀 繁美 (国際日本文化研究センター)
河井寬次郎の「故郷」表象
――生物学的関心と中国陶磁研究という観点から
宮川 智美 (大阪市立東洋陶磁美術館、お茶の水女子大学・院生)

B-3 (13:35-14:10)  司会:稲賀 繁美 (国際日本文化研究センター)
着物の帯を結び、解く
――恋愛についての考察を通した『万葉集』の二首の歌の解釈と翻訳
ジュリー・ブロック (京都工芸繊維大学)

【C室】《第8号館 2階 823号教室》
C-1 (12:15-12:50)  司会:川島 隆 (京都大学)
「軍隊文学」の系譜
――ヤロスワフ・ハシェク『兵士シュベイクの冒険』からユゼフ・ヴィトリン『地の塩』へ
田中 壮泰 (日本学術振興会特別研究員)

C-2 (12:55-13:30)  司会:難波江 仁美 (神戸市立外国語大学)
「人形の墓」における人間関係観について
茶谷 丹午 (金沢大学・院生)

C-3 (13:35-14:10)  司会:難波江 仁美 (神戸市立外国語大学)
O sol se põe em São Paulo:
A Brazilian Intertext of Tanizaki Junichiro in the Light of Joerg Schmitz’s Cultural Orientations Approach
ダニエル・アリエタ=ドミンゲス (立命館大学)


14:20-16:20  【シンポジウム】:
ハーン研究の新展開~ヘルン文庫の活用法~
《第8号館 2階 821号教室》

司会・講師:中島 淑恵 (富山大学)
講師:遠田 勝(神戸大学)  難波江 仁美 (神戸市外国語大学)




16:30-17:30  【特別講演】:
エトガル・ケレットから開く世界文学
《第8号館 2階 821号教室》

司会:中島俊郎(甲南大学)
講師:秋元孝文(甲南大学)



17:35-18:00  【関西支部総会】 《第8号館 2階 821号教室》
司会:橋本 順光(関西支部庶務委員)

18:00     【閉 会】 《第8号館 2階 821号教室》
閉会の辞:中島 俊郎(甲南大学)

18:15-20:00    【懇親会】 《中華レストラン「悠悠」》
司会:加瀬 佳代子(金城学院大学)

2016年11月2日水曜日

講演会 案内

講演会 「シャルル・ボードレールとモダン・アート」
講演者: ドミニク・シャトー(パリ第1=パンテオン・ソルボンヌ大学名誉教授)
通訳: 北村 卓(大阪大学言語文化研究科教授)
日時 2016年11月2日(水)
場所 大阪大学言語文化研究科 A棟大会議室(2F)


2016年8月26日金曜日

9月例会

日 時:2016年9月17日(土) 午後2時半~5時半
会 場:関西大学千里山キャンパス 第一学舎一号館 4階 実験実習・語学系教室1

【研究発表】

講 師:小橋玲治(大阪大学)
題 目:明治期日本におけるgoverness表象

司 会:廣野由美子(京都大学)


【読書会】

書 籍:稲賀繁美『接触造形論』(名古屋大学出版会、2016)

発題者:南明日香(相模女子大学)

〔内容紹介〕
 感覚と藝術、その臨界へ------。「触れる」ことで作品は紡がれ、「接触」によって思想や文化が「写り/移り」を遂げる。彫刻・陶藝などの立体作品から、建築や翻訳の領域まで、異質なるものが触れあう時に何が生まれるのか。「接触造形」の視点から近現代の藝術や文化を探究し、未踏の領野へと踏み出す。

2016年8月25日木曜日

公演 案内

公演「新作能 オセロ」

日時 2016年12月3日(土)
場所 大江能楽堂


2016年7月28日木曜日

シンポジウム 案内

ミニシンポ「世界の中の日本マンガ ―ロシア人マンガ家を迎えて―」
 
日時 2016年8月5日(金)
場所 京都大学文学部 新館第1講義室