2014年11月27日木曜日

1月例会

日時:2015年1月31日(土)15時00分~
会場:立命館大学(衣笠キャンパス)敬学館230教室

【研究発表】

発表者:川島隆(京都大学)
題目:日本における『ハイジ』受容の諸相
〔関連図書〕
ちばかおり・川島隆『図説 アルプスの少女ハイジ― 『ハイジ』でよみとく19世紀スイス』(河出書房新社、2013年)

司会:田辺欧(大阪大学)

【読書会】

書籍:稲賀繁美著『絵画の臨界―近代東アジア美術史の桎梏と命運』
 (名古屋大学出版会、2014年)

〔内容紹介〕
「海賊史観」 による世界美術史に向けて——。近代以降の地政学的変動のなかで、絵画はいかなる役割を背負い、どのような運命に翻弄されてきたのか。浮世絵から極東モダニズム、植民地藝術、現代美術まで、「日本美術」 「東洋美術」 の揺れ動く輪郭を歴史的に見据えつつ、国境を跨ぐイメージと文化の相互作用を、その接触の臨界に立って考察する。
『絵画の黄昏』、『絵画の東方』 に続く三部作の最終巻。

司会・発題者:西原大輔(広島大学)・加瀬佳代子(金城学院大学)