2015年7月11日土曜日

7月例会

日 時: 2015年7月11日(土)14:30-17:20
会 場: 近畿大学東大阪キャンパス EキャンパスA館(文芸学部)308教室

【研究発表】

講 師: 大東和重(関西学院大学)
題 目: 台南文学 日本語文学の一つの経験
〔関連図書〕
大東和重『台南文学 日本統治期台湾・台南の日本人作家群像』
(関西学院大学出版会、2015年3月)

司 会:西成彦(立命館大学)



【読書会】

書 籍: 西成彦『バイリンガルな夢と憂鬱』
(人文書院、2014年12月)

 〔内容説明〕
 本書が扱うバイリンガルはエリートではない。植民地や移民、亡命の結果として、好むと好まざるとにかかわらずバイリンガルであり、あるいはそういった多言語が行き交う状況を、小説という一言語使用が原則の形式で描くという、ある種不可能な命題に挑んだ作家たちである。
 具体的には、アイヌ神謡集の知里幸恵、植民地台湾の複雑な言語状況を描いた佐藤春夫と呂赫若、「故郷」朝鮮からの引揚げ作家、金石範、李恢成ら在日作家、移民国家アメリカの日系人作家などである。とはいえ、ハーンやフォークナー、コンラッド、リービ英雄など欧米の文学の試みと比較しながら、いわゆる「在日文学」「外地文学」としてではなく、「ディアスポラ」によって特徴づけられる20世紀の世界文学として論じている。

発題者:ヨコタ村上孝之 (大阪大学)

2015年7月3日金曜日

第51回関西大会 予告

開催日時:2015年11月28日(土)
会   場:大阪大学 豊中キャンパス
 〒560-0043 豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科

《研究発表応募要領》

◎ 標記大会の研究発表の申し込みを募集いたします。多数の会員のご応募をお待ちしております。
◎ 発表ご希望の方は下記事項(1~6)をご記入の上、お申し込みください。
◎ なお、発表時間は25分です。

1 氏, 名
2 所属大学または機関
3 発表題目
4 発表要旨(400字程度。原則として電子メールにWordファイルを添付してお送り下さい。やむを得ない場合のみ、郵送して下さい。)
5 発表言語(日、英、仏語のいずれか)
6 E-mail アドレス

* 印刷などの都合上、幹事会の責任において発表要旨の表記を改めることがありますので、ご了承ください。
* 申し込み締め切り:7月3日(金)(必着)
* 申し込み・問い合わせ先:
 「日本比較文学会関西支部事務局」
  〒603-8577  京都市北区等持院北町56-1
  立命館大学文学部 須藤直人研究室
  Tel: 075-466-3241
  E-mail: hikakukansai#gmail.com #を@に改めて下さい