2017年9月13日水曜日

9月例会

日 時:2017年9月30日(土) 午後3時~
会 場:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402教室(4F)
    京都市北区等持院北町56−1

【研究発表】3時〜4時

講 師:松居竜五(龍谷大学)
題 目:南方熊楠研究の現在

司 会:稲賀繁美(国際日本文化研究センター)


【書評会】4時15分〜5時15分

講 師:禧美智章(立命館大学非常勤)
題 目:禧美智章『アニメーションの想像力――文字テクスト/映像テクスト の想像力の往還――』風間書房、2015
内容紹介: アニメーションを「読む」ことで何が見えてくるのか。そのとき「想像力」はどのように介在しまた伝播するのか。アニメーションにおける運動を端緒として、現在の産業的側面、第二次世界大戦前後の時代状況との相関、文学作品における視覚性との比較、実写やデジタル技術との融合といったさまざまな問題をとりあげ、アニメーションの想像力のあり方へと迫る。

司 会:横濱雄二(甲南女子大学)