2017年10月8日日曜日

第53回関西大会

開催日時 2017年11月4日(土)
会  場 石川県文教会館
〒920-0918 金沢市尾山町10番5号

大会進行 岩津 航(金沢大学)
大会本部 石川県文教会館

11:45【受  付】

12:15【開  会】《401/402》
司  会 金沢大学  飯島 洋
開会の辞 関西支部長 中川 成美

12:30-14:25  【研究発表】

【A室】《403》
A-1 (12:30-13:05)
司会:佐々木 英昭(龍谷大学)
萩原朔太郎「日清戦争異聞(原田重吉の夢)」と芥川龍之介「首が落ちた話」の比較文学的研究
道合 裕基(京都大学・院生)

A-2 (13:10-13:45)
司会:佐々木 英昭(龍谷大学)
リービ英雄の〈オリエンタリズム〉受容――『星条旗の聞こえない部屋』を中心に
トーマス・ブルック(神戸大学・院生)

A-3 (13:50-14:25)
司会:佐々木 英昭(龍谷大学)
大岡昇平の短編推理小説―戦争小説との連関を視座として―
林 姿瑩(大阪大学・院生)

【B室】《405》
B-1 (12:30-13:05) 司会:中川 成美(立命館大学)
三島由紀夫『禁色』における同性愛言説の援用―性科学の受容に関連して―
朴 秀浄(大阪大学・院生)

B-2 (13:10-13:45)
司会:中川 成美(立命館大学)
クノップフ社における川端康成著作の英訳現場
片岡 真伊(総合研究大学院大学)

B-3 (13:50-14:25)
司会:中川 成美(立命館大学)
「養生」から「能」を観る―加賀藩を例として
趙 菁(金沢大学)

【C室】《406》
C-1 (12:30-13:05)
司会:中島 淑惠(富山大学)
A. シュヴァルツ=バルト『混血女性ソリチュード』における奴隷制への抵抗
大野 藍梨(立命館大学・院生)

C-2 (13:10-13:45)
司会:中島 淑惠(富山大学)
エミール・ゾラの後期作品の政治性:ヴァーグナー受容の観点から
林 信蔵(立命館大学衣笠総合研究機構プロジェクト研究員)

C-3 (13:50-14:25)
司会:中島 淑惠(富山大学)
熊と人間の交錯した関係―宮沢賢治「なめとこ山の熊」とウィリアム・フォークナー「熊」
佐々木 ボグナ(日本学術振興会特別研究員)

14:45-17:00 【シンポジウム】《401/402》
「読みかえと書きかえの文学史に向けて」

司会: 鈴木 暁世(金沢大学)
講師:佐藤 文彦(金沢大学)
岩津  航(金沢大学)
西村  聡(金沢大学)
ディスカッサント: 飯島 洋(金沢大学)

17:15-17:45 【関西支部総会】《401/402》
司会:稲賀 繁美(国際日本文化研究センター)

17:45 【閉会】《401/402》
閉会の辞:岩津 航(金沢大学)

18:15-20:00 【懇親会】《KKRホテル金沢3階「孔雀の間」》
(会場より徒歩約10分)
司会:鈴木 暁世(金沢大学)