2018年1月28日日曜日

会員近著

Calin-Andrei Mihailescu and Takayuki Yokota-Murakami, eds.
Policing Literary Theory.
Leiden, The Netherlands: Brill, 2018.

Policing Literary Theory is an exploration of the complex relationship between literature/literary theory and police/policing.

〔編著者による自作紹介〕
 国際比較文学会文学理論分科会のワークショップを阪大で2014年に開きました。そのときの発表を本にしました。「警察的なるもの」と文学・文学理論の関わりを多面的に探究しようとした論集です。理論的なものと実作の分析編が半分ずつくらいです。話題も時代・地域、さまざまでカフカ、ル・カレ、小林多喜二、サイード、ロトマン、金日成などさまざまな作家、理論家ほかが取り上げられています。ご一読いただけましたら幸いです。

2018年1月15日月曜日

1月例会

日 時:2018年1月27日(土) 午後3時~5時15分
会 場:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス(本部キャンパス)
    第二教授研究館(池内記念館)2F 研究会室2

【書評会】3時〜5時

講 師:西原大輔(広島大学)
題 目:『日本人のシンガポール体験』人文書院、2017年
内容紹介:近代日本の文学・美術における東南アジア表象を考える上で、シンガポールは非常に興味深い場所である。本書は、主に幕末から戦後にかけて、日本人が記録し、文学や絵画に描いたシンガポールを取り扱っている。この海峡都市は、大英帝国の東アジア植民地化の拠点であり、娘子軍などの日本人移民居住地であり、第二次世界大戦中には日本軍の占領地ともなった。文献の徹底調査を通じ、単純な図式化に回収されない個別の事例を積み重ねることによって、日本人によるシンガポール表象の全体像を示そうとした。

司 会・コメンテーター:橋本順光(大阪大学)